まずは自分を知ろう!

占いで自分を知ろう!意外と分からない自分の事。 - 自分を知ることで占いをより有効にする

自分を知ることで占いをより有効にする

「ジョハリの窓」という考え方をご存じでしょうか?
これは心理学で登場するもので、自分も知っていて他人も知っている「自分」から自分も知らず他人も知らない「自分」までを4段階に分け相手の心理を探っていく手法です。
ジョハリの窓で自分のことを知ることが出来るというのは有名な事実です。
qrtrs

己を知れば百戦危うからず

将来を見通すことが出来る占いも「自分」を知ることがとても大切です。
なぜ自分を知ることが大切なのでしょう。
それは「占いの結果を自分に当てはめうまくフィードバックさせるため」です。
占いの結果は常に自分が望んだような結果になるわけではありません。
時として「こんなのはあり得ない」と思うこともあります。

冷静になると言うこと

例え自分が望まない結果でも怒らずに冷静になることが必要です。
自分の欠点は何かをあらかじめ知っておけば「ここが悪いからこのような結果が出たのではないか?」と自分の中で熟考する余地が生まれます。
すなわち自分を知っておくことで冷静になることが出来、ひいては占いの結果を未来へいかすことができるのです。
時々占いなんて役に立たないという人もいらっしゃいますが、それは自分へのフィードバックが少ないだけの話ですよ。

アイディアも浮かびやすくなる

自分を知っておけば占いの結果を受けた後の次の一手が浮かびやすくなります。
fgtrs
「このような方法をとれば、次はいい結果が出るのではなかろうか」と考えて生活できるからです。
恋の悩みや仕事の悩み、人間関係の悩みなど私たちの周りには悩みとなる原因がたくさんちりばめられています。
悩みがあるからこそ人間は成長できるとは言いますが、なかなかそこまでの境地に至るには時間がかかります。

悩みと戦う人生

多くの人が自分が持っている悩みと戦っています。
悩みとの戦いを陰から救ってくれるのは「占い」です。
占いを受けるときには「実は最近このようなことがありまして」などと占い師へ悩みや問題を打ち明けることでしょう。
それを元に占い師は占いを進めていきますが、占い師の役割は占いをするだけではありません。

占いは将来を知るだけではない

占いは将来を知ることが出来るため、時として直接的に私たちの悩みを解決してくれることがあります。
しかし占い師だって人間ですからいつもいつも相手の全てを見通すことが出来るわけでもありません。
そうしたときには聞き出した悩みと占いの結果を基に、相手が今どのようなことをすれば良いかアドバイスをしてくれます。
占いはあくまで一つの方法に過ぎませんが、占い師がそれを元にアドバイスをするのは人間として持ちうる魅力です。
この魅力が強い人ほど人気の占い師になるのです。

会のオアシス

悩みが多く誰にも相談することが出来ないよと言うときに占い師は私たちのオアシスとして役割を果たしてくれることでしょう。
明けない夜はないと言いますが、夜の間でも朝が来ると語り続けてくれる占い師を積極的に活用してみてはいかがでしょうか。